■ オフィス移転 荷造り ( マニュアル )

移転前に必要な準備についてのマニュアル項目を詳しく説明しています。

      【 移転番号付け・梱包・荷造りマニュアル説明 項目 】
現オフィス 下記の各項目をクリックするとジャンプします。
①.レイアウト図面 移転番号の付け方
②.移転ラベル書き方
③.引越しダンボール詰め方
④.什器(家具)ラベルの貼る場所
⑤.ダンボール数・トラックの算出

① レイアウト図面へ移転番号の書き方

    【 レイアウト図面の書き方 】
移転レイアウト番号図 ■ ゾーン分け
① 新オフィスレイアウト図面のゾーン分け ( A・B )
② ゾーン毎に通し番号を付け(A-1・A-2・A-3)、(B-1・B-2・B-3)・・・
③ その番号をラベルに書き、家具(机・書庫)にラベルを貼る。
※ 共有する事務所フロア回りの書庫・棚等は、ゾーン分けせず通し連番だけ。
■ 新オフィスのマーキング作業 ( 墨付け )

レイアウト図面を基に新オフィスの床へ机、書庫の置く位置が分かるように布テープなどでマーキング ( 墨付け ) 作業を行う。(一般的には移転・内装工事業者がおこないます)

左記図をクリックするとPDF 拡大図

※ レイアウト図面の基本は、 オフィス レイアウト図面 ページをご覧ください。


② 移転ラベル 書き方

事務所引越しラベルの書き方 ラベルの重要性
引越しラベル ラベルの重要性
階 : 移転先事務所の行き先階 ( 例:1F ) 運ぶ物には全て、ラベルを貼る
部署名 :( 例:営業部 )
運送会社の作業員は、全てラベルにより行われます。
レイアウト番号 : 配置図記号( 例:B-1 ) ラベルが貼っていない物は、その場に残されたり、行方不明になってしまうので注意しましょう。
備考欄 : 箱がいくつかに分かれ数を把握する場合は、備考欄に 1/2、2/2 (2個の場合)と記載 最後のラベルに数字を○で囲む。 レイアウト図に番号がない物でも、引越しラベルが貼ってあれば新事務所へ運ばれます。
色違いのラベル : 色違いのラベルが用意されている場合はフロア、部所別と分別利用します。 ラベルが、色別であればラベル色のゾーンへ、A,B,C別であればA,B,Cゾーンへ運ばれます。
移転ラベルへの記入の際は必ずマジックを使用して下さい。 A・B・C + 番号別であれば、レイアウト図面の番号へ

※事務所移転ラベルの内容は、引越し業者によってちがいがあります引越 業者に御確認ください。

※ オフィス移転の確認は、チェックリスト ページを参照ください。


③ ダンボールのラベル貼る位置・梱包

ダンボール ラベル貼る位置 ダンボール 梱包の注意
ダンボールラベルの貼る位置 割物注意テープ 移転ラベルの種類 箱の作り方 コップ・湯呑の梱包 ノートパソコン
ダンボールのラベル貼り付け位置
ラベルを貼る場所は、左の図のようにダンボールの側面に貼ってください。
ダンボールの上面にラベルを貼ると、積み重ねた場合に作業員が確認できません。

ダンボール箱の作り方

通常は底面をガムテープで1本止めです。
底が抜ける恐れがあるビン類・長物などふたを開けっぱなしの箱は、底面をH型でテープを貼ると底が抜けないようになります。

廃棄・残置ラベル貼り付け
事務所の廃棄・残置する家具、ダンボールなどは専用のラベルを貼ってください。( 残置・廃棄・重要 ラベル )
ノート パソコンは箱には入れない
ノートパソコンはラベルを張るだけ、箱には絶対に入れないでください。
引越し運送会社の方に梱包を任せましょう。
割れ物を箱詰めした場合は
食器やコップなどの割れ物をダンボールに詰める際は、上部・側面に2ケ所へワレモノ注意ラベル」貼ってください。
長い物・割れ物の箱詰め
長物は、ふたをせずふたを折込開けっ放しの状態入れふたをテープで補強。
背の高いビン類は、ふたを内側に折込、長いビンを入れ食器等は緩衝剤で包み
底面をテープでH型に貼る。
  文具の梱包方法
文具を梱包する際、文具のように細かい物は袋につめることににより中で動かなくなります。

※ 機密書類・文書処理 費用は、機密書類・文書溶解処理 ページを参照ください。


④ 家具のラベル貼る位置・荷造り

デスク・ワゴン 椅子・チェア 書庫・棚 パソコン
オフィス片袖机 オフィス椅子 オフィスキャビネット書庫・棚 ディスクトップパソコン
デスク・ワゴン チェア 書庫・棚 ディスクトップ パソコン
ラベルを見やすくするために、天板手前に貼り付けます。 チェアの引越しラベル貼り付けは、図のように背もたれ裏側に貼ります。 書庫・棚は前面に貼ってください。
上下が分かれるタイプの書庫は上下に一枚ずつ貼ってください。
ディスクトップパソコンには、本体・ディスプレイそれぞれに同じ番号のラベルを貼ります。
机やワゴンの中身は、すべて中は空にします。カギは引き出しの中に布テープで貼ります。 背もたれがレーザーや布でラベルがすぐに剥がれる場合には手摺、又は脚の鉄部分にラベルを巻くように貼る。
又はラベルの左右に布テープで補強して貼ります。
カギは、施錠せず、扉の裏側に布テープで貼り止めします。 パソコンに付随するキーボード・マウス・ケーブルなどは大きめのビニール袋に入れ、袋にラベルを貼ってください。
机のマット・ガラス板にも別途ラベルを貼ってください。 オフィス衣装ロッカーは、すべて空にしてます。 ノート パソコン
ノートパソコンはふたの裏側にラベルを貼る。

※ 事務所のOA機器の梱包は、基本的に引越し会社の作業となります。

※ 家具の廃棄処理 費用は、家具 買取 廃棄 機密料金 ページをご覧ください。

⑤ 事務所移転 ダンボール算出基準表

現在の事務所からダンボールが何個必要かを算出する目安としてご利用ください。

1. ダンボールを歳出の方法としてファイルメータで算出する方法があります。
 ( A4書類をただ単純に積上げそのメーターを使用するダンボールの入れた場合何個になるか )

2. 机・書庫・棚・衣装ロッカー等からダンボールが何個でる単価を決め什器の数・種類で算出する。下記表を基準にし現在 の事務所のダンボールを算出。

什器名称 W×D×H m2 m3 ダンボール数 備 考
片袖机 1,000*700*700 0.7m2 0.49m3 2個 積重ねた場合m2は 1/2
両袖机 1400*700*700 0.98m2 0.69m3 4個 積重ねた場合m2は 1/2 
脇机 400*700*700 0.28m2 0.19m3 2個 積重ねた場合m2は 1/2
書庫 3*3 900*450*900 0.41m2 0.37m3 5個 積重ねた場合m2は 1/2
書庫 3*4 900*450*1100 0.41m2 0.45m3 6個 -
書庫 3*6 900*450*1800 0.41m2 0.73m3 10個 -
書庫 3*7 900*450*2100 0.41m2 0.85m3 12個 -
棚 3*6 900*400*1800 0.41m2 0.73m3 10個 -
棚 4*6 1200*400*1800 0.54m2 0.98m3 12個 -
棚 6*6 1800*450*1800 0.81m2 1.46m3 20個 -
衣装ロッカー1人 400*512*1800 0.20m2 0.37m3 1個 1人1個
衣装ロッカー4人 900*512*1800 0.46m2 0.83m3 4個 1人1個
 ※現在の事務所什器一覧表を作りその表の什器からでるダンボール数の集計を算出。
 什器床面積・什器容積から使用するトラックの大きさを決める。
ページトップ